inglenook イングルヌック
〜 生活を暮らしにかえるシンプル・ナチュラル・プラクティカルな雑貨のお店 〜 のブログです 
商品にまつわる物語や旅のお話しなどをご紹介しています
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< フランスのビオ・スーパー Bio c'Bon のコットン・トートバッグ | main | Irmaちゃんがいっぱい! >>
タリン旧市街の中世への扉
バルト三国の首都、タリン、リガ、ヴィリニュスの歴史地区はすべて世界遺産になっています。

中でもエストニアの首都、タリンの旧市街は街並みの保存状態がとてもよく、中世の佇まいを強く感じます。

旧市街を歩いていたら、不思議な扉を見つけました。

古いもののようだけど、きれいに手入れがされ装飾が施されています。

階段がどこかへ続いているようだけれど、植木鉢があって昇れないようになっています。

もしかして、中世にタイムスリップする扉??


エストニア、タリン。

エストニア タリン 旧市街


人気ブログランキングバナー

inglenook   生活を暮らしにかえるシンプル・ナチュラル・プラクティカルな雑貨のお店
生活を暮らしにかえるシンプル・ナチュラル・プラクティカルな雑貨のお店

エストニアからやってきたあみぐるみのうさぎ

エストニア あみぐるみ うさぎ
 
スポンサーサイト
COMMENT